ラブラドールの老犬がご飯を食べないときの対処法とは

ラブラドールが高齢になってくると体力も低下して食欲も落ちてきます。

それはある種自然なことですが、極端に食べなくなるというのには問題があります。

飼い主さんも心配になるでしょうし、食べない理由が分かれば対処のしようがありますよね。

老犬になっても長生きしてもらうためには、食生活の安定は欠かせません。

そこで今回は老犬がご飯を食べないときの対処法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールの老犬が食べない理由

老化が原因

人間も犬も同じで年を取ればだんだんと運動量も減ってきて基礎代謝が下がってきます。

そのため、必要なエネルギーも少なくなるため摂取するカロリー自体が減ってきてしまいます。

また、老犬になることで消化機能も衰えてきます。

そのために食べる量が減り食べる速度も遅くなってきます。

 

老化とは一体どう見極めるのか?

老化のサインは食欲が減ること以外にも見られます。

「目が見えにくくなったり」

「耳が遠くなったり」

「足腰が弱くなったり」

「休んでいる時間が長くなったり」

これらは老化のサインといえるでしょう。

 

老化とともに、味覚や臭覚の感度が低下して食欲が落ちたり、食の好みが変わることもあげられます。

年齢とともに味覚の愛好が変わるのは人間でもよくあることだといえます。

最後に老化によって単純に歯が弱くなったり、飲み込む力が弱くなったりして食べるのが苦痛になってしまうことがあります。

これらは痛みを伴うことがあるため食欲低下の大きな原因になります。

 

病気が原因の可能性も

老犬になることで食欲が落ちることはおおいに考えられますが、老犬になっても食欲旺盛なラブラドールもいます。

急に食欲がなくなってきたときには病気の可能性も疑ってみたほうがいいでしょう。

 

病気の症状で食欲が落ちているのであれば、早めの診察が重要です。

たいがいの病気では症状として食欲がなくなります。

そして重要なことはいつもより元気がなくなることです。

 

老化と病気を見分けるのには、普段と違う症状が他にないかを確認することです。

「食欲がない」

「元気がない」

「下痢をしている」

「嘔吐をした」

「水を大量に飲む」

「口臭がきつい」

「お腹が膨れている」

このような普段とは違う症状が出ていないか、単純に食欲だけがないのかを基準に判断しましょう。

判断が難しい場合は獣医に相談することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールの老犬が食べない時の対処法

ラブラドールが老犬になってご飯を食べなくなった時に飼い主に何ができるか。

まずはできることからやっていきましょう。

 

ドッグフードを変える

今まで食べていたものが、老犬になって味覚の変化や食べにくいドッグフードになってきていないかなど気になることがあれば、まずはドッグフードを他のものに変更してみることです。

ドッグフードではなく手作りの食事でも構いません。

食事内容を変えて食欲が戻るのであれば、今食べているドッグフードが合わなくなってきている証拠です。

好物があるのであればそれを与えてみることも判断するのに分かりやすいです。

 

老犬のドッグフードの選び方

犬は年齢によって必要な栄養素や食事量が変わってきます。

シニア犬に必要な栄養素は

「高品質なたんぱく質」

「オメガ3脂肪酸」

「グルコサミン」

「コンドロイチン」

などがあげられます。

 

シニア犬は新陳代謝が低下し運動量も減るため肥満になりやすくなります。

肥満になると、関節への負担が増えて足腰がさらに弱く悪化する危険性があります。

そのため、ドッグフードも低カロリーのものを選び肥満対策をします。

 

ただし、老化により食が完全に細くなってしまったハイシニアの場合には、効率よくカロリーを摂取するためにも、ある程度高カロリーのものを選んだほうがいいでしょう。

大切なことは、年齢や状況を見ながらそのステージに合ったフードを選んであげることです。

個体差もあるため、犬によって変わってきます。

 

ラブラドールの体に良い餌!おすすめランキング!
愛犬ラブラドールの毎日の餌にはどんなものを選んでいますか? ラブラドールは食欲旺盛なので、食費を抑えたいばかりに安い値段のドッグフードばかり選んでいる飼い主さんも少なくないんじゃないでしょうか。 しかし、安いドッグフードに使われ...

 

ドッグフードをふやかす

シニアになり歯が弱くなり噛むのが大変ならば、ドッグフードをふやかしてから与えることをおすすめします。

硬いドライフードのまま食べるよりもはるかに食べやすくなります。

飲み込む力が弱くなった犬も、消化機能が衰えた犬にもふやかしたドッグフードは食べやすくていいでしょう。

 

健康になるドッグフードのふやかし方とは?
ラブラドールに与えるドッグフード、普段どのように与えていますか? ドッグフードをふやかすことで消化吸収が良くなるため、ふやかして与えている飼い主さんも多くいるようです。 若くて健康な犬であれば、ドライフードをそのまま与えているお...

 

ドッグフードを温める

ドッグフードをふやかして温めるのも効果的です。

水でふやかしたものよりも、お湯でふやかしたほうが香りもよく出て食欲を刺激するようになります。

冷たいご飯よりも暖かいご飯のほうがお腹にも優しくていいでしょう。

 

シニアになったら食事の回数を見直す

成犬になると1日に1食とか1日に2食とかを与えている飼い主さんが多いと思います。

それは若くて元気なので与えれば与えた分だけ食べてくれていたからこのような形で良かったのです。

シニア犬になると、食欲が落ちてくることで餌を残すようになってきます。

そのような場合は1回の食事量が多いことが考えられます。

 

1日1回なら2~3回に、1日2回なら3~4回に分けてあげるといいでしょう。

回数は分けても分量は増やしてはいけません。

1日に与える量は同じにして、回数を増やすだけにします。

小分けにすることで、胃腸への負担を軽減して、食べるための体力も分散されます。

 

食べる姿勢に気を使う

足腰の関節が弱っている場合は、食べる姿勢にも気を使ってあげたほうがいいでしょう。

床が滑らないようにしてあげるなどの工夫も必要です。

食べやすい高さに餌を置いてあげるなど、少しでも楽な姿勢で食べられるようにしてあげたいですね。

コメント