健康になるドッグフードのふやかし方とは?

ラブラドールに与えるドッグフード、普段どのように与えていますか?

ドッグフードをふやかすことで消化吸収が良くなるため、ふやかして与えている飼い主さんも多くいるようです。

若くて健康な犬であれば、ドライフードをそのまま与えているお宅も多いでしょう。

しかし、子犬や老犬にとっては固いままのドッグフードでは合わないこともあります。

健康な犬でもドッグフードはふやかした方がいいのでしょうか?

今回はドッグフードのふやかし方とメリット・デメリットについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

ドッグフードのふやかし方

ドッグフードはぬるめのお湯でふやかすのがおすすめです。

常温の水でふやかすと時間がかかってしまううえ、冷たい食事はお腹を冷やすことにも繋がります。

お湯の温度は30~40℃のぬるめが基本

お湯の温度は30~40℃のぬるま湯にしましょう。

なぜかというと熱いお湯をドッグフードに直接そそいでしまうと、フードに含まれている大事な栄養素を破壊してしまう可能性があるからです。

ドッグフードはバランス栄養食品のため色々な栄養を補っています。

バランスよく作られたせっかくの栄養がなくなってしまってはもったいないですよね。

最初にぬるま湯を準備してからフードを浸すようにしましょう。

ふやかす時間はフードの量によるがだいたい15分程度

ふやかす時間はだいたい15分程度です。

ドッグフードが全部浸かるくらいのぬるま湯を注いでから、水分を全部吸収してなくなったらが目安です。

ぬるめのお湯に浸した後は、容器にラップや蓋をするとふやかす時間を短縮できます。

お湯も一緒に与えよう

水分が吸収しきれずに余ってしまった場合でも、その水は捨てないで一緒に与えるようにします。

フードに含まれている栄養素には水に溶けるものもあるため捨ててしまってはもったいないです。

ドライフードをふやかすタイミングは食べる直前

ふやかした状態で長時間置いておくと夏場などはとくに傷みやすくなるため、ドライフードをふやかすのは食べる直前にしましょう。

食べ残してしまったものを次の食事に回すのは危険です。

その場で処分するようにしましょう。

軟便になってしまったら?

フードをふやかすことで万が一軟便になってしまったら、水分量が多すぎる可能性があります。

その場合は、浸すお湯の量を少なめにするか、または水を飲ませる量を少し減らすようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ドッグフードをふやかすメリット

ドッグフードをお湯に浸すことのメリットには次のものがあります。

  • 消化吸収が良くなり胃腸にも優しい

硬いフードをあらかじめふやかして柔らかくすることで、胃腸の弱い犬でも安心して食べさせることができます。

消化することを手助けするため、胃腸への負担も少なく吸収が良くなります。

  • 香りが出て食欲増進に繋がる

食欲不振の犬でもふやかすことにより香りが強く出て、食欲増進に繋がることがあります。

硬いままだと食べなくても、柔らかくすることで食べるようになることがあります。

  • 食事と同時に水分補給ができる

ドッグフードに含まれた水分を一緒に摂取するため、水分補給に役立ちます。

水をあまり飲みたがらない犬に向いています。

  • 満腹感を得やすい

フードをふやかすことで満腹感を得やすくなります。

食べ過ぎで肥満になっている犬は、減量させるためにふやかして量を減らすようにするといいでしょう。

  • 歯が弱っている高齢犬でも食べやすい

高齢になって歯が弱って硬いものが食べられなくなっているときなどにはふやかすのが有効です。

また歯周病など口腔内に疾患がある場合などもふやかしてやわらかくしてあげると安心して食べるでしょう。

 

ドッグフードをふやかすデメリット

ドッグフードをふやかすメリットは分かりましたがデメリットはないのでしょうか?

  • 噛む力が衰える

毎日柔らかいご飯ばかり食べているとどうしても噛む力が衰えやすくなります。

そこで対策としては、食事以外の時間に鹿の角やおもちゃなどを噛ませることです。

健康な犬であれば噛むことは遊びやストレス解消になりますので、普段から噛んでいいものを用意してあげさえすれば、顎の力が弱くなるようなことはないでしょう。

  • 歯石が付きやすくなる?

「ドライフード」と「ウェットフード」の違いで良くいわれていることですが、「ウェットフード」は歯に残りやすく歯石や虫歯になりやすいといわれています。

「ドライフード」をふやかすことで「ウェットフード」と同じように歯に付着しやすくなるのでは?と考えられています。

しかし、実際にふやかしたフードを与えていても歯石が増えたというようなことは聞きません。

むしろ、ふやかすことで食ベカスが残りにくく、きれいで健康な歯を維持できているという声が挙がっています。

それでも歯の状態は定期的にチェックするといいでしょう。

歯石や虫歯の対策としては歯磨きになります。

歯を磨く習慣をつけてあげることで歯周病の予防にもなります。

歯に汚れが付いているなと思うようであれば、定期的に歯磨きをしてあげましょう。

歯周病は命にかかわる病気になるのでほっとくのは危険です。

 

ドッグフードをふやかして与えることはデメリットよりもメリットのほうが断然大きいことが分かりました。

ラブラドールの寿命を伸ばすためには、胃腸の負担を軽減するために毎日の食事にひと手間かけてふやかすのがおすすめです!

 

ラブラドールには「モグワン」ドッグフードがおすすめです!

ラブラドールや大型犬にモグワンをおすすめする理由は
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすうえで、大事なことのひとつに毎日の食事があります。 やはり人間も犬も同じで、健康への基本は食事と運動ではないでしょうか。 1日2回の食事が基本となっているため、これを十何年も毎日続けていくので...
ドッグフード
スポンサーリンク
blacklabをフォローする
スポンサーリンク
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすためにできること

コメント