ラブラドールレトリバーのしつけが上手くいく6つのコツとは!

盲導犬になる犬種として知られているラブラドールレトリバーは、とても賢くて飼いやすい大型犬といわれていますよね。

たしかに訓練が行き届いた盲導犬は非常に賢くて従順に行動してくれます。

しかし、その裏には徹底したトレーニングがあることを忘れてはいけません。

どれだけラブラドールが頭の良い犬だとしても、しっかりとした「しつけ」がされていなければ野生の犬と変わらないからです。

これからラブラドールを飼ってみたいと思っている方や、飼ってはいるけどいまいちしつけが上手くいっていないという方に向けて、しつけのためのコツをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールとしつけのことをよく知るのがコツ

まずは飼い主がラブラドールのことを良く知りましょう。

ラブラドールがどんな犬か勉強していますか?

ラブラドールの特徴や性格を把握しないで、行き当たりばったりのしつけをしてもなかなか上手くいきません。

 

しつけをするには正しいやり方で行わないと間違った習慣がついてしまいます。

まずはしつけの方法をしっかりと飼い主が勉強しましょう。

変な癖がついてしまったりすると、後で直すのが大変になってしまいますので、しつけは飼い主が正しい知識をつけてから行ったほうがいいでしょう。

 

ラブラドールのしつけは褒めるを多くするのがコツ

「しつけ」という言葉のイメージから、しつけは厳しくしなくてはいけないと思っていませんか?

いつも犬を怒鳴りつけていうことを聞かせているのであれば間違ったやり方です。

恐怖で支配している関係は良い関係とはとてもいえませんよね。

理想的な関係というのは信頼を築くことです。

そのために必要なのが褒めてしつけをすることです。

 

犬のしつけというのは、いわば人間の社会に合わせるということになります。

この基準はあくまで人間から見ての良い悪いになります。

しつけは犬が間違った行動をしないように制限することが主になるため、どうしても叱る場面が増えてしまいます。

しかし、犬にとっては叱られている理由がまったく理解できません。

犬にとっては良いも悪いも判断基準がないからです。

その基準を教えるために、いつも怒ってばかりいては犬もかわいそうですよね。

叱れていい気分の人はいないように誰だって褒められたいんです。

だからしつけは褒めてあげることが大事です。

 

では、いつ褒めるのか。

これは何かしてほしいことを出来た後や、してほしくない行動を我慢することができたときに褒めてあげます。

子育てでも生まれてからしばらくまでは褒めてばかりいませんか?

大人に説教されている新生児なんて見たことありませんよね。

赤ちゃんは何もできないのが当たり前で、ご飯を食べるだけで褒められたり、寝返りしたり、ハイハイしたり、立ち上がったり、なんでも出来たら褒めますよね?

犬も出来ないのが当たり前なので、出来たら褒めてあげてください。

 

時には叱る場面もあります。これは仕方のないことです。

でも叱るよりは褒める割合を断然多くしましょう。

ラブラドールは褒められるのが大好きなので褒められるために頑張ります。

褒めるときは感情を込めて犬がウキウキするくらい褒めてあげてくださいね。

 

ラブラドールは遊びと一緒にしつけをするのがコツ

ラブラドールは子供と同じで遊ぶのが大好きです。

盲導犬になる犬だってトレーニングが決して好きなわけではないんです。

それではどうやって盲導犬はトレーニングをしているのかというと、楽しく遊びながらやっています。

 

盲導犬協会では褒めるときに「グッド」といい、遊んでいるときには「グッド」の言葉を何度も言って楽しい言葉として覚えさせます。

そして「シット(スワレ)」「ダウン(フセ)」「カム(コイ)」などの【コマンド】を教えていきます。

 

「コマンド」もボールなどを使って遊びながら教えていきます。
ボールを鼻の上に持っていき座った瞬間「シット」と言う。
ボールを床に近づけて伏せた瞬間「ダウン」と言う。
そして出来た後には必ず「グッド」と言ってよく褒める。

 

こうやって「コマンド」と「行動」をしっかり結びつけていきます。

ボールなどを使って遊びながらやっていくのがコツです。

 

スポンサーリンク

 

 

ラブラドールのしつけはとにかく繰り返すのがコツ

ラブラドールは言葉の意味は理解できませんので言い聞かせて諭すことはできません。

しつけをするにはひたすら繰り返してとにかく習慣化するしかありません。

トレーニングは日常のどんな場面でもすることができます。

 

ラブラドールにとっては食事のときも、散歩のときも、トイレのときも、遊ぶときも全てがしつけをするタイミングです。

上手くできているときには、とにかく褒めたりご褒美をあげたりすること。

褒められたりご褒美が欲しくてその行動をするようになります。

 

気を付けたいことは、しつける側がみんなやり方を統一しなくていけないことです。

家族の中で人によって接し方が違うと犬の中での基準がブレてきてしまいます。

「コマンド」の言葉もみんなで同じにすること。

褒めたり叱ったりする基準も全員で同じにしましょう。

 

ラブラドールとの上下関係をはっきりさせるのがコツ

犬をしつける上での絶対条件は飼い主が上でラブラドールが下であることです。

しつけは褒めて伸ばすのが基本ですが、ご機嫌ばかり取るようになって飼い主の立場が下になったのでは意味がありません。

主導権はあくまで飼い主にあり、犬は絶対服従するというのが大前提です。

 

ラブラドールの行動のすべては、飼い主が主導権をもって行います。

自分勝手な行動はあまりさせないようにしましょう。

飼い主の指示のもとに行動した結果、楽しいことが待っているという状態に持っていくことです。

 

犬は飼い主に絶対服従することで逆に安心感を覚えるようになります。

いつも優しくて頼れるご主人様になれるよう、信頼関係を築いていきましょう。

 

 

ラブラドールを叱るときはタイミングが大事

しつけの基本は褒めて伸ばすことが大事ですが、時には叱ることも必要になります。

でも犬を叱るにはタイミングが非常に重要です。

 

例えばラブラドールが悪いことをしたとしましょう。

叱るタイミングは「その瞬間」です。

「行動」と「叱られた」が一致しなくては叱る意味はまったくありません。

 

言葉が分からないラブラドールにとって、時間が経ってから叱られた場合は何に対して怒られているのかまったく理解できません。

褒めることはみんなタイミング良くできても、叱ることに関しては時間が経ってから怒る人を多く見かけます。

大事なものを壊されてしまったとしても、もし「その瞬間」を逃してしまったときは、ぐっとこらえて言葉を飲み込みましょう。

 

ラブラドールレトリバーのしつけのコツは「褒める」「叱る」「コマンド」を「行動」と結びつけて習慣化することです。

毎日の積み重ねになりますので、飼い主も一緒に遊びながら育ててきましょう。

コメント