ラブラドールレトリバーの体重の推移と体重計の計り方

ラブラドールレトリバーの成長はとても早いです。

だいたい1歳くらいになれば成長のほとんどを迎えていて、2歳になる前には完全に成長することを完了しています。

一般的に小型犬よりも大型犬のほうが成犬になるまでの期間が少し長くなります。

子犬の成長にともなって、体重も増えていきます。

体重は愛犬のからだの大きさの目安になりますので、飼い主として把握しておくべきこと。

健康管理の面においても体重の推移を見ていくことは大事なことになります。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールレトリバーの体重の推移

ラブラドールには個体差があり、飼い主の育て方によっても体重は変わってきます。

 

性別 体重 体高
オス 29~36kg 57~62cm
メス 25~32kg 54~59cm

 

ラブラドールの平均体重はオスとメスで異なり、個体差によってもかなりの範囲があります。

もともと筋肉質で、運動によって更に筋肉がつくことで体重が重くなる可能性があります。

筋肉は脂肪より重いため、見た目がスリムでも体重が多くなる犬もいます。

 

ラブラドールの子犬の成長段階でどれくらいの体重になるべきなのか、大まかな目安として以下のものを参考にしてください。

 

ラブラドールレトリバーの体重の推移

オス メス
月齢(ヵ月) 体重(kg) 体重(kg)
1 4.2 3.3
2 9.0 7.5
3 14.2 12.1
4 19.0 16.4
5 22.9 20.0
6 26.1 22.7
7 28.4 24.7
8 30.1 26.1
9 31.5 27.1
10 32.7 27.9
11 33.7 28.6
12 34.5 29.1

こちらの表はあくまで参考程度になります。

 

ラブラドールレトリバーの体重計の計り方

子犬のときは毎月体重の推移を把握しておきたいですよね。

愛犬の体重を記録しておくことは、健康のバロメーターになります。

そのために体重計の計り方をお伝えします。

 

  1. 子犬を抱っこして自分と一緒に体重計にのる
  2. 全体の体重数値を観測
  3. 子犬を置いて自分だけ体重計にのる
  4. 数値が分かったら自分の体重分だけ引き算すれば子犬の体重が出ます

 

ラブラドールの抱き方

  1. 右側に犬の顔が来るようにする
  2. 膝をついて、右手を犬の顔の下に回しこむ
  3. 左手で胴体を外側から回し入れてお腹に添える
  4. 右ひざを立てて、膝の上に前足をのせる
  5. 左手をしっぽの下に入れて、後ろ足を内側に寄せる
  6. 右手を前足の付け根にずらして、持ち上げる

 

 関西盲導犬協会公式ブログより

 

からだが大きくなってくると抱っこするのも難しなってきます。

そんな時には

 

  1. 体重計を2台用意する
  2. 前足と後ろ足をそれぞれの体重計にのせて計る
  3. 2つの数値の合計が体重になる

 

上手く体重計にのってくれない場合は、ご褒美を用意して体重計の上で「座れ」をさせるなど工夫してみてください。

 

スポンサーリンク

 

体重の数値だけで判断はできない

ラブラドールの体重は幅広いため、平均体重というのはときに大きな誤解を招くこともあります。

成犬のラブラドールの平均体重を見ても、オスで29~36kg、メスで25~32kgと7kgという大きな幅があります。

子犬の成長を体重だけみて判断するのはやや問題があるといえるでしょう。

ただし、成長段階によって平均でどのくらい体重が増えていくかの判断材料にはなります。

 

もともとサイズ的に小さな両親から生まれた子犬であれば、小さく成長する可能性があります。

活発に運動している子犬は運動不足の子犬よりも軽くなる傾向があります。

もともと大きな骨格を持って生まれた子犬は体重が重くなる傾向があります。

 

子犬の体重は生後10日ほどで、生まれた時の倍以上になります。

生後1か月にもなれば生まれた時の4~6倍。

生後半年ですでに成犬とほぼ同じ体重まで成長します。

成長過程を知っていくために体重を計ることは重要です。

 

ラブラドールレトリバーのベスト体重とは

適正体重の15~20%を超えたら肥満といわれていますが、実はラブラドールにとって理想的な体重は体重計で計っただけでは分かりません。

肥満を調べるうえで一番に大切なことは、見た目と触った感触によるものです。

愛犬にとっての理想体重を知るには、理想体型をまず知ることが重要です。

 

  1. そのためには肋骨部分に触れてみる
  2. 程よく脂肪におおわれていて肋骨を感じることができれば理想的
  3. 触って肋骨が分からなければ肥満状態
  4. 見た目で肋骨が浮き出てしまっているのは痩せ気味
  5. お腹周りは、真横から見てお腹のラインが地面と平行になっている場合は、お腹が出ていて肥満の可能性あり
  6. お腹周りは後ろ足に向かって徐々に吊り上がっているのが理想
  7. 真上からみて腰にくびれがなければ肥満

 

このように見た目と触った感触で理想の体型になっているかどうかを確認しましょう。

理想体型で計った体重があなたの愛犬にとってのベスト体重となります。

判断が難しいと感じるのであれば獣医に聞くのが一番です。

体脂肪計で見てくれる動物病院もあります。

 

犬の体重を知るうえで重要なことは、体重の増加または減少です

理想的な体系を理解したうえで体重の増減を管理することが大事になってきます。

 

ほとんどのラブラドールは最初の誕生日までに成長のほとんどを迎えます。

平均体重の推移はあくまで目安であり、個体差によって大きく変わるため、極端に違わないようであれば健康への問題はありません。

あまりにも平均とかけ離れていたり、成長が遅いと感じる場合には獣医に相談してください。

 

肥満が続けば病気になるリスクが高くなります。

長生きさせたければ、必ずダイエットをするようにしましょう。

ラブラドールの体重管理と肥満対策で一番気を付けたいのが毎日の食事です。

愛犬の健康にとっての正しい食事の量と回数は以下の記事を参考にしてください。

ラブラドールレトリバーの餌の量と回数を間違えるのは危険!
ラブラドールの食欲って旺盛ですよね? 常にお腹が空いているのかなと思うほどです。 とはいえ餌の量に関しては、欲しいがままに与えすぎてしまうのはやはり良くありません。 食事の量を間違えてしまうと将来病気になってしまうこともあ...

体重が増えなくて困っている場合は以下の記事を参考にしてください

ラブラドールレトリバーの体重が減る、痩せすぎは要注意!
太らないようにと肥満のことを気にしすぎて、愛犬が痩せすぎていることに気づかなくなっていたりしませんか? 太り過ぎは健康によくないのはよく知られていますが、痩せてきた時のほうが心配な場合が多いです。 徐々に痩せているのか、急激に痩...
ラブラドールレトリバーの特徴
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすためにできること

コメント