ラブラドールレトリバー室内飼いのメリット、デメリット、工夫について!

大型犬は外飼いと思っている方も多いかもしれませんが、ラブラドールレトリバーを飼うのであれば、やはりおすすめしたいのは室内飼いです。

ラブラドールは盲導犬としても活躍しているかしこい犬種ですので室内飼いに向いています。

毎日家族と同じ屋根の下で過ごすことで、普段は気づかないような色々な表情を見せてくれるようになります。

今回はラブラドールの室内飼いについてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールレトリバー室内飼いのメリット

室内飼いの一番のメリットについて、これはもう四六時中愛犬と一緒に居られることではないでしょうか。

からだだけはどんどん大きくなりますけど、はっきりいって子供が増えたのと一緒です。

子育てと同じ感覚でしつけをしながら共に暮らしていきます。

思うようにいかないことの方が多いかもしれませんが、自分の子供だって思うようにはいきませんよね。

それと同じことだと思います。

 

毎日同じ空間で暮らしていれば、ラブラドールの体調の変化にも敏感になれます。

普段となんだか様子がおかしいなと思ったらすぐにかかりつけの病院で診てもらうことも可能です。

一昔前と比べて犬の寿命はとても長くなっていますが、室内で飼うことが寿命を伸ばすことに一役買っているのではないかと考えられています。

犬にとってもいつもやすらぎ安心できる場所、季節に左右されない快適な空間、害虫などがいない清潔な環境、常に家族と一緒に居られる喜びなど、外飼いではなかなか味わえない経験ができます。

家族と同様に暮らすことでたくさんの感動を味わうことができるでしょう。

 

ラブラドールレトリバーの室内飼いのデメリット

ラブラドールを室内で飼う場合、犬にとってのデメリットはほとんどありません。

飼い主がしっかりとした世話をすることが前提なので、そこを怠ったりすればデメリットはとても多くなります。

例えば、室内飼いなのに

  • あまりかまってあげない
  • 散歩をさぼる
  • 運動をさせない
  • トイレを我慢させる
  • 留守番ばかりさせる
  • 部屋が散らかっていて誤飲の危険がある
  • いつも叱ってばかりで褒めない

このようなことばかりではストレスがたまるばかりです。

逆にいえば、飼い主が愛犬のことを考えて毎日かかさず世話をすれば、ラブラドールは最高に幸せに過ごせるでしょう。

 

それでは、飼い主にとってのデメリットとはなんでしょう。

デメリットというのはおかしな言い方ですが、子育てと一緒で非常に苦労するということです。

大型犬は小型犬と比べて食べる量やゲージ、サークルなどすべてが大きいためお金もかかります。

運動量も大型犬ならではですから、飼い主も体力勝負になりますし、時間も大きく割かなくてなりません。

 

子犬のときは数時間おきにトイレにも連れて行かなくてはならないため目が離せません。

かしこくておとなしいと思われているラブラドールですが、実はとても活発でいたずら好きな性格をしています。

特に子犬の頃はなんでも口に入れて噛み砕いてしまったり、家の中を暴れまわり激突するため、そこらじゅうを破壊されてしまいます。

2~3歳くらいになればこういった行動も少なくなり落ち着いてきますが、それまではひたすら忍耐の連続です。

 

そのほかにラブラドールは抜け毛がとても多いため部屋が汚れやすいため掃除が大変ということです。

動物を室内で飼う以上は仕方ないことですよね。

ブラッシングやシャンプーを定期的に行いましょう。

 

しっかりとしつけをすることも大型犬を飼う上では必ずしなければいけないことです。

しつけが出来ていないラブラドールは暴れ馬と同じです。

人や他の生き物に危害を加える可能性は十分考えられますし、一度興奮したラブラドールの力の強さからいえば人間に制御することは非常に困難でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ラブラドールレトリバー室内飼いでの工夫

せっかくラブラドールを室内で飼うのであれば、お互いにストレスのないように快適にしておきたいですよね。

そこで室内で飼う上での工夫する点をご紹介します。

トイレ

トイレは部屋の中の決まった位置に設置してそこで必ずさせるようにしていきます。

子犬の頃からトイレトレーニングはまず最初にやるものです。

大型犬の場合は排泄の量もとても多いため、散歩のときなどに外でもできるようにしておくととても便利です。

ただし屋外のみでトイレを覚えてしまうと、家の中ではしてくれなくなるので、台風のときや老犬になったときに困ります。

家の中と屋外と両方でできるようにトレーニングするのがベストです。

リビング

ラブラドールがいつもいる場所はリビングが適しています。

それは、一番家族が集まる場所だからです。

いつも誰かと一緒にいることでラブラドールは安心しますので、ひとりぼっちにならないところがいいでしょう。

床はフローリングの場合は足元がすべるため、ラブラドールにとってはよくありません。

大型犬は体重があるため足腰に負担がかかりやすいのです。

ラブラドールは先天的にも股関節に疾患を抱えている子が多いため、滑る床は股関節を痛めてしまいやすいです。

そのため、フローリングの上には必ずマットを敷いて柔らかくて滑らないようにしてあげることが必要です。

サークル

リビング内でもサークルやケージといった自分用のハウスがあるとラブラドールは安心してそこを寝床とします。

活動以外のときの犬は囲まれた狭い空間のほうが安心してくつろぐことができます。

食事などを毎回ハウスで与えることで自分にとって居心地の良い場所となっていきます。

エアコン

ラブラドールにとって室内は、夏の暑さや冬の寒さを凌げるため、季節に影響を受けない快適な空間です。

ただし注意しなくてはいけないのが、暑い日の締め切った部屋でのエアコンの付け忘れです。

ラブラドールは被毛がダブルコートのため暑さにとても弱いのです。

暑い部屋に閉じ込めてしまっていたら熱中症になる危険があります。

夏のエアコンは24時間フル稼働が基本です。

電気代もそれなりにかかることは覚悟しておきましょう。

臭い

室内で飼うにあたって臭い対策も大事になってきます。

ラブラドールもずっとお手入れをしないままだとだんだんと臭くなってきます。

2日に1回はブラッシングをしていらなくなった毛を取ってあげる。

2週間に1回はシャンプーをして体を洗ってあげる。

飼い主はなかなかお部屋の臭いに鈍感になってしまうため気付きませんが、よそからやってきた人からするとペットの臭いというのは敏感に感じられるものです。

 

食べた餌や排泄したものはすぐに片付ける、愛犬やハウスやお部屋の中をいつもきれいに掃除するなど、衛星面に気を使っていれば部屋の中が臭いで充満するようなこともないでしょう。

とにかく大型犬を室内で飼うのには手間と労力を惜しんではいけません。

これらのことをしっかりできる人がラブラドールを飼う資格があるといえるのではないでしょうか。

コメント