ラブラドールのしつけ!噛むのをやめさせるには?

子犬のときから噛み癖がずっと続いていませんか?

頭を撫でたいけれど、撫でようとすると手を噛もうとしませんか?

ラブラドールに噛まれれば痛いしひどいときはケガをします。

それが甘噛みだったとしても噛み癖だけはしっかりと直しておかなければなりません。

ラブラドールと気軽にスキンシップがとれるようになりたいですよね。

噛み癖は子犬のうちからしつけで直しましょう。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールレトリバーの子犬が噛む理由

まずラブラドールだけではなくどんな犬でも子犬のときは噛むのが当たり前です。

人間の赤ちゃんだって最初は色んなものを口に入れることから始まります。

犬は人間のように手を使うことができないため、口を使うことが中心になります。

犬にとって口は最大のコミュニケーションツールなため噛むという行為は成犬になってもなくなることはありません。

ただし、噛んでいいものと噛んではいけないものの区別はつくようにしなくてはいけません。

子犬が甘噛みをする理由とは遊びの一種です。

犬のおもちゃといえば、噛んで遊ぶものがほとんどだと思います。

犬にとっては噛む=遊びなのです。

また、子犬は乳歯が抜けて新しい歯に生え変わる時期になると、歯がかゆくなるともよくいわれています。

歯がむずがゆいため、特に子犬の時期には甘噛みをするようになると考えられています。

その昔、ラブラドールレトリバーは猟師の獲物を口に加えて運ぶということを得意として仕事をしていました。

名前のレトリバーは回収するという意味です。

つまり何か口に加えるという行為は遺伝的なものでもあります。

目の前に何かがあればとりあえず、口に加えてみるというのがラブラドールの習性なのです。

 

ラブラドールの噛み癖をやめさせるには

犬の噛み癖をやめさせるには、噛んでほしくないものと噛んでもいいものを犬に覚えさせることです。

つまり、噛んでいいものというのは飼い主が用意したボールやガム、おもちゃなどです。

基本、それ以外のものは噛んではいけないということを毎日教えていかなくてはならないのです。

しつけは子犬の早い時期から始めた方がより効果的です。

本来子犬というのは、親兄弟と一緒に暮らしている中で、兄弟同士じゃれあっているうちに噛むことはいけないことだと社会性を身につけていきます。

早くから人に飼われて、そういった時期を過ごしていない子犬は痛みを知らないため人に対して噛む癖が出てしまいます。

つまり飼い主が噛むことについて教えない限りは学ぶ機会がないということです。

子犬の頃の甘噛みをかわいいからと許してしまうと、大きくなってから困ることになります。

ですので、子犬のときから噛み癖は直すようにしましょう。

物の噛み癖を直すには

まずは、噛んでいいものを与えることです。

噛むことは犬にとっては絶対に外せない欲求ですから、噛むのを我慢させるのはストレスになります。

ですので、思う存分噛んでも大丈夫なものを与えておくことです。

それをしたうえで、噛んでほしくないものは子犬の届く範囲には一切置かないこと。

物の噛み癖をつけさせないためには、部屋の中をきれいにしておくことです。

そこらへんに物が落ちていなければ癖になることはありません。

ただし家具などの備え付けのものをかじる場合があります。

そういうときには、「ビターアップル」を吹きかけておけば噛まなくなります。

ビターアップルとはリンゴから抽出した天然苦味成分で、噛まれたくないところにスプレーすることで、あまりの苦さに次から噛もうとしなくなるものです。

人を噛む癖をやめさせるには

一番重要なことは人に噛みつかないということですよね。

手を噛む癖がある場合は、噛まれた瞬間に大声で「痛てっ!!」と叫ぶことです。

犬が噛んだ瞬間びっくりするくらいに大きな声で言いましょう。

犬は言葉の意味が分からないので、喜んでいると勘違いさせてしまわないように、不快感丸出しで言うことです。

言葉は分からなくても感情はしっかり伝わります。

そのあとは、完全無視を決め込みます。

無視された犬は不安になります。

しばらく経ったら、また犬の口の前に手を差し出します。

また噛まれたら同じことを繰り返します。

噛まれなくなるまで繰り返します。

そして噛まなくなった瞬間におやつをあげて「偉かったね~♪」とめちゃくちゃ褒めます。

手を噛めば「ご主人様が怒ってかまってもらえなくなる」と不安を覚えさせることが大事で、手を噛まなかったら「ご主人様に褒められておやつがもらえる」と覚えさせるようにします。

犬が困惑するくらい役者になってやりましょう。

子犬は飼い主にかまって欲しくて甘噛みしてくることがあります。

甘噛みを許してかまってしまえば、次から噛めばかまってもらえるという変な習慣が身についてしまいます。

噛み癖は子犬のうちになおしておかないと、成犬になってから人を噛む可能性があります。

取り上げると噛むことがあるので注意

犬には所有欲があるため、何かおもちゃなどを取ろうとしたり、拾い食いしたものを取り出そうとしたときに、取られたくなくて思わず噛みついてしまうなんて危険もあります。

なにかを取り上げるときには代わりにおやつを与えるようにしましょう。

口から出せばおやつがもらえると覚えさせておけばだんだん素直に渡すようになってきます。

コメント