モグワンって本当にいいの???口コミやメリット、デメリットは?

当サイトでラブラドールの寿命を伸ばすためにおすすめしているドッグフードが「モグワン」です。

「モグワン」は犬の健康のために原材料と品質にとことんこだわったプレミアムドッグフードだからです。

ドッグフードの中でも「モグワン」の人気は高く多くの愛用者がいらっしゃいます。

しかし、中には「モグワン」を買ってみたけど全然合わなかったという意見があるのも事実です。

犬にも個体差があるため全ての犬に合うドッグフードを作ることは不可能なんだと思います。

では実際のところモグワンって本当にいいの?というのが多くの飼い主さんのご意見でしょう。

今回はそのあたりを追及していきたいと思います。

 

 

モグワンはからだに本当にいいの?

モグワンの原材料や成分は安全?

それではモグワンの原材料は本当に安全なのかを見ていきましょう。

原材料は以下のようなものになっています。

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、かぼちゃ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

無添加じゃないの?

モグワンは無添加ドッグフードとしていわれていますが、実は100%完全無添加というわけではありません。

ただし含まれているのは「人工添加物」ではなく、犬にとって大事なビタミン、ミネラルといった栄養成分の添加物になります。

ドライフードというのは加熱処理をして製造する性質上、ある程度の栄養成分というのが製造段階で破壊されてしまいます。

そうして失った大事な栄養素を補うために、「ビタミン」・「ミネラル」が添加されています。

これらビタミン・ミネラルは「人間のサプリ」としても使用されている安全性の高いものになるので犬にも安心して与えることができます。

酸化防止剤も使ってる?

モグワンはイギリスから日本へ運ぶ期間や開封後に、フードの酸化を防ぐために、天然の酸化防止剤を使用しています。

ドッグフードは性質上すぐに食べきることができないため、どうしても酸化を防ぐことが必要になります。

ドッグフードは開封したその瞬間から酸化が始まり栄養価もどんどん低下していきます。

それを防ぐために添加しているのが、ミックストコフェロール(ビタミンE)という成分です。

ミックストコフェロールは人が飲むドリンクにもよく使用されている安全な天然成分です。

天然由来の酸化防止剤のため、その効果はどうしても弱くなるため、モグワンは開封後1ヶ月以内に食べるきることが推奨されています。

食品は長持ちすればするほど、体に有害な添加物が使用されていると考えてもらっていいでしょう。

原材料はどうして安全といえるの?

モグワンは全て人間が食べられる(ヒューマングレード)原材料を使用しています。

それは添加物においても同じで人間が食べられる安全性の高いものになっています。

原材料においても厳しい品質テストをクリアしたものしか使用していません。

モグワンを作っている工場は、イギリスの中でも知られている評価の高いペットフード専門工場で、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい審査をクリアしています。

モグワンに使われる原材料は人間用の原料で、それぞれが品質テストを受け合格したものしか使用できなくなっています。

材料の流通過程が分かる?

またモグワンは副産物や遺伝子組み換え食品は一切使用していません。

「製造ロット番号」を袋に印字して、食品の安全を確保するために原材料の流通過程を明確にする「トレーサビリティ」を確保しています。

モグワンは輸送中の温度管理も徹底されているため、安全性においてはまったく不安な部分がありません。

 

モグワンはこんな犬におすすめ

●毎日健康で寿命を少しでも伸ばしたい
●関節トラブルを避けたい
●涙やけが気になる
●アレルギー体質
●毛並み毛艶が良くない
●とにかく体に良いものをあげたい
●肥満になりやすい
●胃腸が弱い

 

モグワンの口コミ

モグワンの良い口コミ

 

モグワンの悪い口コミ

 

モグワンの良い口コミと悪い口コミを調べてみました。

原材料の品質の良さと安全性は確保できていても、中には合わなくて食いつきが悪かったり、下痢をしてしまう犬もいるようです。

ただし、下痢をしてしまう理由にはフードの切り替えが上手く出来ていないことも考えられます。

今まで食べていたフードを違うものに変えると急な変化に胃腸が対応できなくて下痢してしまうことがよくあります。

そのため、ドッグフードを変更する時には始めに従来のフードにほんの少し新しいフードをミックスして、10日間くらいを掛けて徐々に新しいものに変えていくのが基本的なやり方です。

このようなやり方をしても下痢をするようであれば、原材料そのものに合わない食材が含まれている可能性があります。

 

モグワンのメリットとデメリット

モグワンのメリット

■人間でも食べられる品質の原材料のみを使用している
■体に害のある添加物は使用していない
■たんぱく質は豊富でも低カロリー
■品質が高いのに価格が良心的
■多くのユーザーがいる
モグワンのデメリット

■鶏肉アレルギーの犬には食べさせられない
■粒の大きさが小さい
■給餌量が多め
■通販しか売っていない
■市販ものと比較すると料金が高め
■生後4か月からじゃなきゃ使えない

モグワンはプレミアムドッグフードの中ではコスパがいいほうですが、市販のものと比較するとどうしても高く感じてしまいます。

犬も家族の一員として人間の食事と犬の食事が同等に考えることができれば、モグワンの価格もすんなり納得できるのではないかなと思います。

使用は生後4ヶ月から

また使用については生後4か月以降の子犬にメーカーは勧めています。

その理由は、生まれて間もない子犬は消化器官が未発達なため、栄養素が非常に高いサーモンの使用によりお腹を壊してしまう恐れがあるためのようです。

他のフードからモグワンに切り替えるときも、いっぺんに全てを入れ替えるのではなく、少しずつ従来のものにモグワンを加えて、徐々に徐々に切り替えていくことが必要です。

 

 

いかがでしたでしょうか?モグワンの安全性は理解できたかと思います。

何となく良さそうなのは分かったけど、実際に愛犬が食べてくれるのか、合うのか合わないのかが心配ですよね。

でもそれは実際に試してみるしかありません。

そんな飼い主さんのために、初回のみ半額で購入できるキャンペーン実施中です。

以下の公式サイトが最安値で購入できます。

モグワン公式サイト

ドッグフード
スポンサーリンク
blacklabをフォローする
スポンサーリンク
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすためにできること

コメント