モグワンは怪しくないしだめじゃない!ラブラドールの涙やけ、アレルギーが改善!

ラブラドールの寿命を伸ばすためにわたしがおすすめしているドッグフードが「モグワン」です。

「モグワン」は犬の健康のために原材料と品質にとことんこだわったプレミアムドッグフードだからです。

実際にドッグフードの中でも「モグワン」の人気は高く、多くの愛用者さんがいらっしゃいます。

わたしもその中の1人です。

しかし、あまりにもみんながいいよと勧めるものだから

「モグワンよく聞くけどなんか怪しいんじゃない?」

「モグワンだめでしょう?」

そう思っていませんか?

犬にも個体差があるため全ての犬に合うドッグフードはないと思いますが、うちの子は涙やけやアレルギーの症状がかなり良くなりました。

では実際のところモグワンってどういいのよ?というのが多くの飼い主さんのご意見だと思います。

今回はそのあたりを追及していきたいと思います。

 

モグワンは怪しくないしだめじゃない!

モグワンの原材料

モグワンが使っている原材料は以下のようなものになっています。

全然怪しくありません。

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、かぼちゃ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌

お肉は鶏肉が全体の約3割、サーモンが全体の約2割使われています。

原材料の半分以上がお肉で作られているためたんぱく源が非常に豊富です。

続いてサツマイモや豆類が多く、食物繊維が腸の動きを良くし、植物性たんぱく質も多く採ることができます。

 

たんぱく質は犬にとっても人間にとってもからだを作るうえでの一番大事な栄養源です。

ですので良質なお肉にこだわる必要があるんです。

ただし、チキンアレルギーがあるわんちゃんの場合はモグワンを与えることはできません。

 

モグワンは無添加?

モグワンはたまに無添加ドッグフードといわれたりもしますが、完全無添加というわけではありません。

ただし、含まれているのは「人工添加物」ではなく、犬にとって大事な自然由来のビタミン、ミネラルといった栄養成分の添加物になります。

 

ドライフードというのは加熱処理をして製造する性質上、ある程度の栄養成分というのが製造段階で破壊されてしまいます。

そうして失った大事な栄養素を補うために、「ビタミン」・「ミネラル」が添加されています。

 

これらのビタミン・ミネラルは「人間のサプリメント」にも使われている安全性の高いものなので安心して犬にも与えることができます。

 

モグワンに入ってる酸化防止剤は安全?

モグワンはイギリスから日本へ輸送する期間や開封後に、フードの酸化を防ぐために、天然の酸化防止剤を使用しています。

ドッグフードは性質上すぐに食べきることができないため、どうしても酸化を防ぐことが必要になってきます。

 

ドッグフードは開封したその瞬間から酸化が始まり栄養価もどんどん低下してしまいます。

それを防ぐためにモグワンに添加しているのが、ミックストコフェロール(ビタミンE)という成分です。

ミックストコフェロールは人が飲むドリンクにもよく使用されている天然成分なので安全です。

 

天然由来の酸化防止剤のため、効果的にはどうしても弱くなってしまうため、モグワンは開封後1ヶ月以内に食べきることが推奨されています。

食品は長く持つほど、体に有害な添加物が使用されていると考えてもらったほうがいいでしょう。

 

モグワンは本当にいいの?安全性は?

モグワンは全て人間が食べられる品質(ヒューマングレード)の原材料を使用しています。

それは添加物においても同じで、人間が食べられる安全性の高いものになっています。

原材料においては厳しい品質テストをクリアしたものしか使用していません。

モグワンを作っている工場は、ペット先進国といわれるイギリスの中でも知られている評価の高いペットフード専門工場で、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい審査をクリアしています。

「FEDIAF(フェディアフ)」とはヨーロッパのペットフード業界を代表する業界団体で、ペットフードの製造に関するガイドラインや栄養に関するガイドラインを発行しています。

モグワンに使われる原材料は人間用の原料で、それぞれが品質テストを受け合格したものしか使用できなくなっています。

 

モグワン公式サイト

 

モグワンの栄養成分

栄養素 モグワン 「FEDIAF」による栄養基準
成犬期 成長期 成長後期
95kcal 110kcal 14週まで 14週以降
たんぱく質 28.00% 21.00% 18.00% 25.00% 20.00%
脂質 12.00% 5.50% 5.50% 8.50% 8.50%
繊維 3.00%
灰分 8.00%
水分 8.00%
炭水化物 41.00%
オメガ6脂肪酸 1.63%
オメガ3脂肪酸 1.29%
リン 1.27% 0.46% 0.40% 0.90% 0.70%
マグネシウム 0.17% 0.08% 0.07% 0.04% 0.04%
ナトリウム 0.29% 0.12% 0.10% 0.22% 0.22%
カルシウム 1.65% 0.58% 0.50% 1.00% 0.80%
カリウム 1.05% 0.58% 0.50% 0.44% 0.44%
カロリー(100g当たり) 344kcal

上の表を見ても分かるように、モグワンはFEDIAFの栄養基準をしっかりとクリアしています。

 

穀物というのは犬にとって消化するのに負担がかり、アレルギーを起こしやすい食べ物といわれています。

そのためモグワンではグレインフリー(穀物不使用)を採用しています。

穀物を使用しないことによって不足する炭水化物を補うために、モグワンはさつまいもや豆類を多めに使って栄養のバランスをとっています。

炭水化物は取り過ぎると肥満のもとですが、即エネルギーに変わるため、いつも活発なラブラドールにとっては必要不可欠なものです。

 

原材料の流通過程が分かる?

モグワンは副産物や遺伝子組み換え食品は一切使用していません。

「製造ロット番号」を袋に印字して、食品の安全を確保するために原材料の流通過程を明確にする「トレーサビリティ」を確保しています。

モグワンは輸送中の温度管理も徹底されているため、安全性においても不安がありません。

 

モグワンはこんな犬におすすめ

モグワンはこんな犬におすすめ

●毎日健康で長生きさせたい
●関節トラブルを避けたい
●涙やけが気になる
●アレルギー体質
●毛並み毛艶が良くない
●とにかく体に良いものをあげたい
●肥満になりやすい
●胃腸が弱い

 

モグワン公式サイト

 

愛犬ラブラドールの涙やけ、アレルギーが改善

うちでは実際に愛犬の黒ラブにモグワンを与えています。

昔は市販の安いドッグフードを与えていたときもありました。

 

その頃も普通に食べてはくれましたが、うちの黒ラブは慢性的なアレルギー性皮膚炎があるため、フケがひどく出たり、被毛の艶がなくなり、黒がグレーに近い色になっていました。

他にも朝起きると目やにや涙やけの跡があって、目を拭いてあげるのが毎日の日課のようになっていました。

 

アレルギー検査をして、アレルゲン食材は一切与えないように気をつけていても、痒い症状はいっこうに治まらず、血がにじむまで舐めたり掻いてしまっていました。

症状がひどいときには毎日エリザベスカラーを巻いて対処していたので、とてもかわいそうだなと思っていました。

そういったアレルギーに関連した症状をなんとか改善したくて、プレミアムドッグフードに切り替えるようになりました。

 

モグワンで被毛の毛艶が良くなった

モグワンを続けて食べるようになってから、市販のドッグフードをあげていた頃と比べて、あきらかに被毛に毛艶が出て、フケが出なくなりました。

目やにや涙やけがなくなり、アレルギーの症状もかなり改善されてきました。

目やにや涙やけには、添加物や粗悪な食材だったりが膿となって出てきているように思えます。

以前はとにかく体中を1日中掻きむしったり、指の間を舐めたりしていました。

そのような姿もだいぶ減り、掻いていたところの剥げていた毛も生えてきくるようになりました。

 

市販されているドッグフードの全てが悪いとはいえませんが、安いドッグフードに関してはやはり粗悪なものだと思います。

人間も毎食カップラーメンを食べ続けてたら絶対にからだがおかしくなりますよね。

安く作れるものにはそれなりの理由があって食べてても長生きできません。

長生きと健康のことを考えたらそれなりにお金もかかるし、良いものを食べさせてあげることが大事だと思います。

 

もし今は健康だったとしても、悪い食事を食べ続けていれば、いつか必ず病気の症状となって表れてくるでしょう。

食事に関してはすぐにからだが変わるわけではないので、ある程度継続して食べ続けないと変化が見えてきません。

本当にからだの中が入れ替わるには最低3ヶ月は必要だといいます。

うちのラブラドールもモグワンを食べさせて3ヶ月経ってから、徐々に体質が良くなってきました。

 

毎日の積み重ねがとても大事なので、安いドッグフードを食べさせている飼い主さんには、愛犬の長生きのためにフードを見直すきっかけになったら嬉しく思います。

 

モグワンの食いつき

うちの子は嫌いなものは一切口にしません。

モグワンの食いつきに関しては、本当に良く食べてくれるので食いつきはかなり二重丸だと思います。

 

わたし個人としてはモグワンの匂いは苦手です。

きつめで、けっこう鼻につく酸味の効いた匂いです。

香料は一切使用していないので、原材料のそのものの匂いだと思います。

お肉から野菜、果物まで色々な材料が入っているので、それらがミックスされたなんともいえない匂いです。

 

とはいえ、犬にはこの上ない匂いのようです。

犬は食ふんできるくらいなので匂いの感覚も人と違うんでしょうね。

むしろわたしがきついと感じるこの匂いが食欲を掻き立てているようです。

 

モグワン公式サイト

 

モグワンの口コミ

他にモグワンを使っている方たちの口コミも載せておきます。

良いものから悪いものまでありますので参考にしてください。

 

モグワンの良い口コミ

 

モグワンの悪い口コミ

 

モグワンの良い口コミと悪い口コミでした。

 

モグワンは下痢する?

原材料の品質の良さと安全性は確保できていても、中には食いつきが悪かったり、下痢をしたという犬もいるようです。

ただ正直、下痢をしてしまったという犬に関しては、フードの切り替えがあまり上手くいっていないのではないかなと思います。

 

今まで食べていたフードを急に違うものに変えると、胃腸が急な変化に対応できなくて下痢をしてしまうことがあります。

そのため、ドッグフードを変更する際には、始めに従来のフードにほんの少しだけ新しいフードをミックスして、10日間くらいじっくり時間を掛けて、徐々に中身を新しいフードに切り変えていくのが正しいやり方です。

モグワンをふやかしてあげるのもいいと思います。

正しいやり方をしていても下痢をしてしまうのであれば、原材料にその犬の合わない食材が含まれているのかもしれません。

ですので気になる方は、原材料をよく確認してみることをおすすめします。

 

モグワンのメリットとデメリット

モグワンのメリット

■人間でも食べられる品質の原材料のみを使用している
■体に害のある添加物は使用していない
■たんぱく質は豊富でも低カロリー
■品質が高いのに価格が良心的
■多くのユーザーがいる
モグワンのデメリット

■鶏肉アレルギーの犬には食べさせられない
■粒の大きさが小さい
■給餌量が多め
■通販しか売っていない
■市販ものと比較すると料金が高め
■生後4か月からじゃなきゃ使えない

 

モグワンは高い?

モグワンが高いと感じるかどうかは人によって様々だと思います。

正直わたしは高いと思ってしまう側の人間です。

市販のドッグフードと比較するとどうしても高く感じてしまいます。

 

うちのラブラドールは体重が30kg以上あるので、一日の給与量は457g以上になります。

1食につき228gですから約470円になります。(大型犬は高い!)

実際にはモグワンの量を少し少なめにして、ご飯とキャベツと魚をトッピングしてあげています。

毎回がっついて喜んで食べていますよ(笑)

 

しかしスーパーでお肉を買えば100gで200円くらいはしますよね。

野菜や果物だって買えば1個100円以上はします。

そのような原材料がたくさん使われていれば、当然コストがかかっているので高いのは仕方のないことなんです。

 

ここは犬を家族同等と扱うか、あくまで犬はペットで人間より下と見るかの違いだと思います。

犬にとっての健康をなによりも優先するのであれば、モグワンの価格が多少高くても納得できるのではないかなと思います。

それにモグワンは他のプレミアムドッグフードと比較すると、逆にコスパは良いほうだったりします。

 

うちではアレルギーなどで病院に行くことが多かったので、病院代がかなりかかっていました。

それが健康になって病院に行く機会も減ったので、食費はかかるけど高い医療費を支払うことが少なくなった分良かったなと思います。

愛犬のラブラドールにとってもいつも痒がってかわいそうだったのがかなり緩和されたので本当に良かったなと思います。

 

モグワンの使用は生後4ヶ月から

モグワンの使用については生後4か月以降の子犬からとメーカーでは勧めています。

その理由は、生まれて間もない子犬は消化器官が未発達なため、栄養素が非常に高いサーモンの使用によりお腹を壊してしまう恐れがあるためのようです。

他のフードからモグワンに切り替えるときは、いっぺんに全てを入れ替えるのではなく、少しずつ従来のものにモグワンを加えて、徐々に徐々に切り替えていくことが重要です。

 

いかがでしたでしょうか?モグワンの安全性は分かったと思います。

何となく良さそうなのは分かったけど、実際に愛犬が食べてくれるのか、合うのか合わないのかが心配ですよね。

でもそれだけは実際に試してみるしかありません。

 

モグワンを安く買う方法

モグワンを安く買うには、公式サイトで買うのが一番安いです。

うちでは3個まとめ買いをしています。

定期コースにして、3個まとめ買いにすると定価の15%OFFになり、1万円以上で送料も無料になるため、3,960円(税抜)⇒3,366円(税抜)×3で買うことができます。

20,000円以上買うとさらに20%OFFで3,168円(税抜)になりますが、さすがに6個は個数が多くなり過ぎるのでうちでは無理です。(多頭飼いしている家ならこれが一番お得です)

 

手始めに1個の購入でも定期コースで10%OFFになるため定価3,960円⇒3,564円(税抜)になります。

ただし送料がかかるので総額で4,624円(税込)になります。

ちなみにAmazonでも売ってますが、送料無料で値段は5,060円(税込)なので、高くなってしまいます。

モグワンを安く買いたいのであれば、公式サイトの定期コースでまとめ買いが一番お得です。

 

定期コースでは2個目の配送周期を最大13週間後まで選ぶことができます。

※ちなみに定期コースで購入しても、1個だけ買ってネットのマイページで簡単に解約することもできちゃいます!

詳しくは以下の公式サイトで確認してください。

モグワン公式サイト

ドッグフード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすためにできること

コメント