ラブラドールレトリバーの口臭が生ゴミのよう!原因は歯石にあり?

人間も年を取ると口臭がきつくなることがありますが、犬においても老犬になることで口臭がきつくなることがあります。

しかし、この口臭、ただの加齢によるものであればいいのですが、生ごみのようにひどい臭いに悩まされている飼い主さんがいます。

今までとは明らかに違う悪臭が漂っている場合は、やはりなんらかの疾患を疑ったほうがいいかもしれません。

今回は犬の口臭の原因と解決方法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

犬の口臭の原因

口の中が乾燥している

口の中というのは通常は唾液で潤っていて、雑菌などの繁殖を防いでいます。

人間の場合でも朝起きたときには口臭がきつくなりますが、その原因は寝ている間に唾液の分泌が止まり口の中が乾くことで雑菌が増えているためです。

犬の場合も同様に口の中が乾燥してしまうと雑菌が繁殖するために、口臭がきつくなることがあります。

特に夏の暑い季節に犬は体温を下げるため、舌を出して「ハアハア」とパンティングしています。

舌についている唾液を蒸発させることで、体の中の熱を下げていますので、どうしても口の中の水分が持っていかれます。

夏場は水分をしっかりと補給して、部屋の温度も暑くならないようにエアコンなどを使って調整する必要があります。

歯周病

生ゴミのようなひどい悪臭が口の中から漂ってくる場合、一番に疑われるのが「歯周病」です。

歯周病は重症になると全身に歯周病菌がまわり命にかかわる病気です。

普段から歯を磨く習慣がない場合は、食べカスが歯石に変わり、歯周ポケットに細菌が入り込んで炎症を起こすようになります。

犬は人間よりも歯垢が歯石に変わる速度が早いため、8割の犬が歯周病になっているとも言われています。

歯垢や歯石から臭いが発せられますが、膿などが溜まってしまうと生ごみの腐ったような臭いがするようになります。

内臓疾患

胃腸になにか疾患がある場合にも口臭がきつくなることがあります。

胃の中が炎症を起こしていると、胃酸が過剰に分泌されてしまい、胃酸がこみ上げたり嘔吐することになります。

この胃酸の臭いが口臭となって感じることがあります。

口臭がうんちの臭いがするときは、腸に異常がある可能性があります。

腸閉塞で腸捻転などの危険があるため要注意です。

腸の中の排泄物が上手く流れていかなくて、便のような嘔吐をしたり、悪臭がします。

強い痛みや腹痛を感じるため元気がなくぐったりしていることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

犬の口臭の解決方法

歯周病の治療

あきらかに口臭が普通と比べてきついときは病気を疑ったほうがいいので病院にいって診察をしたほうがいいでしょう。

歯周病の症状は、歯茎が赤く腫れたり、血が出たり、歯がぐらぐらしたりします。

犬は痛みがあっても教えてはくれませんので、飼い主がおかしいなと思うころには、病気がひどくなってしまっている可能性が高いです。

歯周病の治療は、歯石を綺麗にとって歯周ポケットの汚れを除去して、ぐらついている歯は抜歯するなどの処置をします。

このような治療は全身麻酔をして行います。

犬にも歯磨きが必要

歯周病を予防するには歯磨きの習慣をつけることです。

歯周病は歯の汚れをいつも綺麗にすることで予防できます。

しかし、いきなり歯磨きをさせてくれるワンちゃんはほとんどいないでしょう。

まずは口の中を触ることに馴れさせて、最初はおやつとセットで嫌なことではないと覚えさせていきます。

少しずつ時間を掛けて歯ブラシができるようにしていきましょう。

もし嫌がったら無理して続けないですぐにやめるようにします。

歯磨きに悪いイメージがついてしまうとその後が大変になってしまいます。

歯ブラシを嫌がる犬は、ガーゼなどを指に巻き付けて汚れを取る方法もあります。

 

歯磨き以外の予防法

ドッグフードはウェットタイプは歯垢が残りやすいため、ドライタイプのほうが予防になります。

また唾液を多く分泌させることで、細菌を繁殖させにくくするため犬用のガムも有効です。

歯周病は口腔内の歯周病菌が繁殖することによって起こります。

口腔内の善玉菌を増やすことができれば、歯周病菌が減って口臭や病気の予防になります。

このような善玉菌は口腔内の環境を整えるサプリメントを服用することで増やすことができます。

歯周病菌は歯茎から内臓へと入り込み、重篤な内臓疾患へと移行することもあります。

サプリメントによってこのような疾患の予防も期待できます。

ラブリービーはブリス菌という善玉菌を増やすサプリメントです。

ブリス菌は虫歯や口臭などのトラブルのない子供から発見された善玉菌で、犬の歯周病予防にも効果的です。

そもそもサプリメントを採らせれば、重篤な歯周病が治るというわけではありません。

歯磨きをして口腔内を清潔に保つということが何よりも大事です。

しかし、サプリメントを採ることで次につく歯石や細菌を減らすことができます。

サプリメントを使って善玉菌を増やし病気や口臭の予防に役立てることは獣医も推奨しています。



コメント