ラブラドールの体に良い餌!おすすめランキング!

愛犬ラブラドールの毎日の餌にはどんなものを選んでいますか?

ラブラドールは食欲旺盛なので、食費を抑えたいばかりに安い値段のドッグフードばかり選んでいる飼い主さんも少なくないんじゃないでしょうか。

しかし、安いドッグフードに使われている原材料や人工添加物は非常にからだに良くないものが含まれています。

国産の有名メーカーのものだから安心できるというものではありません。

あまり知られていませんが、日本の食に対する安全基準は世界的に見てもかなり低いのが現状です。

病気を引き起こす大きな原因のひとつに毎日与えている餌があります。

少量では体に害がないものでも、何年も摂取し続けて蓄積されれば体に異変が生じてきます。

自然なもので質の良いものだけを食べていれば、基本病気になることはないといわれています。

これらの理由から、近年では犬も家族と同じと考えてドッグフードを見直す飼い主が増えてきています。

健康のことを普段から考えることで、結果的に病気にかかる莫大な治療費を大幅に抑えることができます。

毎日の餌にお金を掛けるのか、病院代にお金を掛けるのか、犬や飼い主にとってどちらが幸せなのかは明白だと思います。

当サイトではラブラドールの寿命を伸ばすために重要な餌のおすすめランキングをご紹介します。

 

 

ラブラドールの体に良い餌を選ぶ基準

ラブラドールの健康のためにドッグフードが大きく影響していることは、多くの飼い主さんが自覚していることだと思います。

しかし、体に良いドッグフードを選ぶにも実際にはどうやって選んでいいのか分からないと思います。

そこで今回は、ラブラドールの特徴を踏まえ、健康を考えた上で選ぶ基準をお伝えします。

 

原材料

どのような原材料を使ってドッグフードを作っているのかが、まずは一番始めに気をつけるポイントです。

原材料は使用量の多い順に記載されています。

なにが最初の方に書かれているかによって使われている材料の割合が変わります。

犬は本来肉食動物です。

犬の健康のためにもっとも必要なのは良質な肉や魚の動物性たんぱく質です。

主原料となるものが、「チキン」、「ラム」、「サーモン」などの動物名が記載されているものを選ぶことが重要です。

原材料が肉類になっていても、「ミートミール」、「ミートエキス」、「ミートパウダー」、「肉類副産物」のような表記をしている場合は注意が必要です。

これらは人が食べる基準を満たしていない肉を使ったものが材料として使われています。

〇〇ミールや肉副産物などのすべてが安全性に欠けるということではありませんが、出所が分からずどのような加工処理をされているのか分からないため注意した方がいいでしょう。

 

グレインフリー

安いドッグフードに多く使われているのが、「小麦」「トウモロコシ」などの穀物です。

肉や魚と比べて安く手に入るため、材料のかさ増しとして使われることが多くあります。

犬はからだの構造上穀物を消化するのが苦手なため食べると体に大きな負担がかかります。

そもそも穀物は犬にとっては必要のない食材だともいわれています。

また「小麦」や「トウモロコシ」などの穀類は犬のアレルギーを誘発する危険があります。

穀物を一切使用していない「グレインフリー」によるドッグフードを選ぶことが健康に気を使う飼い主にとって大事なこととなります。

 

無添加

体に有害といわれているにもかかわらず、まだ日本では使用可能なままの人工添加物が多くあります。

危険という認識が高まり人間の加工食品に使われることが少なくなった添加物でも、あいかわらずペットフードでは多く使われていたりします。

なぜならペットフードは「食品」という扱いではなく「雑貨」として扱われているからです。

人工添加物は自然界にないものになりますので、取り続けると発がん性があり有害なものもあります。

こういった添加物は少量摂取してもすぐからだに異変が出るものではないため、問題意識から外れてしまいます。

添加物は長期に渡って摂取することで、からだの健康に異常があらわれるようになります。

それが皮膚疾患やアレルギーであったり、涙やけ、癌などに関係しています。

犬に限りませんが体に入れるものは無添加のものを選ぶことがとても重要なことです。

 

低カロリー

ラブラドールはいつもお腹をすかせているため肥満になりやすいのが特徴です。

肥満になることで心臓や関節に負担がかかり病気になるリスクが高くなります。

健康で長生きをしてもらうためには、肥満にならないように普段から心掛けることが大事です。

そのためには、低カロリーのフードを選び、肥満の予防をすることが重要となります。

 

安全性(ヒューマングレード)

ドッグフードを選ぶ上で一番大切なことはそのフードが安全かどうかです。

市販されている安価なドッグフードはとても安全とはいえません。

人が食べられる基準(ヒューマングレード)で作られているドッグフードを基本選ぶことです。

4Dミート(dead =死んだ動物 diseased=病気だった動物 dying=死にかけだった動物 disabled=障害のあった動物)は人間の食用には使われませんがペットフードには使われています。

レンダリング(高圧、高温処理)されているため安全といわれていますが、最低限の基準であり粗悪な肉であることには変わりません。

ヒューマングレード(人間用の食品と同等基準)とメーカーが公表しているものであれば、わたしたちが普段食べているものと同じ材料が使われているため安心です。

毎食同じものを食べさせるからこそ、選ぶドッグフードには慎重になりたいものです。

 

 

ラブラドールの体に良い餌!おすすめドッグフードランキング

 

モグワン カナガン ナチュロル
通常価格 3,960円 3,960円 3,000円
内容量 1.8kg 2.0kg 850g
販売会社 ㈱レティシアン ㈱レティシアン 楽しい製薬会社㈱
原産国 イギリス イギリス 日本
原材料 チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ 新鮮牛生肉(北海道・兵庫県産)・新鮮鶏生肉(兵庫県産)・新鮮馬生肉(カナダ産)・新鮮魚生肉(兵庫県産)・タピオカ(ベトナム産)、魚粉(北海道・長崎県産)、紫さつまいも(ベトナム産)、チーズ(国産)、ココナッツ(フィリピン産)、りんご繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌
たんぱく質 28.00% 33.00% 23~27%
脂質 12.00% 17.00% 7~9%
繊維 3.00% 3.50% 2~4%
灰分 8.00% 9.00%
水分 8.00% 8.50% 9%以下
炭水化物 41.00% 29.00%
オメガ6脂肪酸 1.63% 2.80%
オメガ3脂肪酸 1.29% 0.90%
リン 1.27% 1.42%
マグネシウム 0.17% 0.10%
ナトリウム 0.29% 0.60%
カルシウム 1.65% 1.86%
カリウム 1.05% 0.60%
安定・特定継続型ビタミンC 1,000mg/kg
天然バイオフラボノイド 200mg/kg
カロリー(100g当たり) 344kcal 361.25kcal 400kcal
対象犬種・対象年齢 全犬種・4ヶ月から 全犬種・全年齢対応 全犬種・全年齢対応

 

1位 モグワンドッグフード(高たんぱく質でダイエットに最適!)

モグワンは主原料に高品質なチキンとサーモンを使用しています。

動物性たんぱく質の割合はなんと全体の53%と栄養豊富です。

材料に穀類を一切使用していないグレインフリーを採用しています。

野菜やフルーツを豊富にバランスよく配合しています。

体に悪いとされる人工添加物や着色料、保存料を一切使用していないため安全です。

低カロリーのため肥満予防にも一躍買ってくれます。

人が食べれるヒューマングレードなので安心してラブラドールに与えられます。

モグワン公式サイトはこちら

ラブラドールや大型犬にモグワンをおすすめする理由は
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすうえで、大事なことのひとつに毎日の食事があります。 やはり人間も犬も同じで、健康への基本は食事と運動ではないでしょうか。 1日2回の食事が基本となっているため、これを十何年も毎日続けていくので...
モグワンって本当にいいの???口コミやメリット、デメリットは?
当サイトでラブラドールの寿命を伸ばすためにおすすめしているドッグフードが「モグワン」です。 「モグワン」は犬の健康のために原材料と品質にとことんこだわったプレミアムドッグフードだからです。 ドッグフードの中でも「モグワン」の人気...

 

2位 カナガンドッグフード

カナガンは主原料に骨抜きチキン生肉が26%、乾燥チキンが25%と動物性たんぱく質が

50%以上と豊富です。

鶏肉の品質はイギリス産の放し飼いで育てた平飼いのチキンとなっていて安心して与えられます。

たんぱく質と炭水化物のバランスが良く太りにくいのが特徴です。

穀物不使用のグレインフリーで犬の体にも負担がないフードとなっています。

人工添加物不使用でヒューマングレードなドッグフードです。

カナガン公式サイトはこちら

カナガンのレビュー、口コミと評価、食いつきはいかに? 
うちの愛犬は食が細くてご飯を残して困る。 涙やけが治らない、毛艶が悪いなど何とかしたいと思っていませんか? そんな悩みをお持ちの飼い主さんにおすすめのドッグフードをご紹介します。 今回ご紹介するのはカナガンドッグフードです...

 

3位 ナチュロルドッグフード

ナチュロルの主原料は、国産の牛肉、鶏肉、魚肉、カナダ産の馬肉の4種類を使用しています。

動物性たんぱく質の含有量は55%以上と高いのが特徴です。

国産には珍しいグレインフリーのためアレルギーのある犬にも安心して与えられます。

無添加でヒューマングレード、国産と安心材料が揃っています。

オリゴ糖や乳酸菌などを配合しているため、お腹の弱い犬や老犬も安心して与えることができます。

ナチュロル公式サイトはこちら

 

安全だけどもう少し安いドッグフードはない?

愛犬に体に良いドッグフードを与えたいのはやまやまだけど、どうしても毎日の餌代が厳しくて躊躇しているという方もいらっしゃると思います。

安全だけど少しでも安いものが欲しい!という飼い主さんはこちらの記事を参考にしてください。

大型犬向けに少しでも安く!安全だけどコスパのいいドッグフードは?
多くの飼い主さんが市販の安いドッグフードの品質の悪さに気付き、プレミアムドッグフードに注目が集まっています。 家族同様に家の中で一緒に暮らすことが普通になった愛犬のために、少しでも良いものを食べさせたいという思いはとても自然なことなの...
ドッグフード
スポンサーリンク
blacklabをフォローする
スポンサーリンク
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすためにできること

コメント