ラブラドールは抜け毛がひどい!?お掃除、お手入れ対策とは!

ペットも家族の一員と、大型犬でも室内で飼われることが多くなった近頃ですが、それでも

やっぱり気になるのは犬の抜け毛ですよね。

短毛種であるラブラドールですが、意外にも抜け毛がひどいので悩まされている飼い主さんも多くいらっしゃるでしょう。

お掃除が本当に大変ですよね?

今回はラブラドールの抜け毛対策をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールは抜け毛がひどい?

ラブラドールは意外にも抜け毛がひどいです。

短毛種の犬なのでそれほど抜け毛が気にならないんじゃないのかなと思って飼われた飼い主さんもいたことでしょう。

とくに黒ラブを飼われているお宅は、ホワイトの床などに黒い毛がいっぱい落ちていればとても目立って気になってしまうと思います。

ラブラドールが歩いたところには常に抜け毛が付いてくるような感じです。

短毛ですが太くて硬い毛のため掃除するにもなかなか吸いとることが出来なくて苦労をします。

 

ラブラドールの被毛の特徴

ラブラドールの被毛は「ダブルコート」といって二重構造で毛が生えるようになっています。

「ダブルコート」の特徴は保温機能が高く寒さから身を守ることができることです。

もともと、ラブラドールの祖先はカナダの北の寒い土地から来ている犬なので、寒さから身を守る必要があったのです。

ダブルコートの下側にある被毛が「アンダーコート」といって、細かくて柔らかい毛が密集しています。

皮膚に近いところに羽毛のように生えているため、体の熱を外に逃がさない役割があります。

表側に見える太くて硬い毛が「オーバーコート」といいます。

「オーバーコート」はバリアの役割をしていて、外からの冷たい風を内側に入れさせないようにしたり、紫外線を防いだりします。

また、水をはじく性質があるため水の中や泳ぎなどもラブラドールは得意とされています。

寒い冬は比較的得意とされるラブラドールですが、ダブルコートは夏の暑さにはもっぱら弱いのが特徴です。

 

抜け毛がひどい時期

犬には換毛期というものがあります。

ラブラドールのように寒さをしのぐためにダブルのコートを身にまとっている犬は、寒い時期が終わった春に大量の毛が抜け落ちます。

季節の気候に合わせて衣替えをするかのように毛が生え変わるようになります。

秋になれば今度は冬支度に入ります。

人間が長袖やセーターの用意をするように、ラブラドールも夏の毛を落として冬毛の準備に入ります。

ですので、春や秋の季節の変わり目には大量の抜け毛が目立つようになります。

 

ストレスによる抜け毛も

室内で飼われるようになり、季節にそれほど関係なく単純に毎日抜け毛が多いラブラドールですが、異常なほど抜け毛が目立つときにはストレスがあるのかもしれません。

抜け毛が普段より多く毛並みや毛艶が悪くなっているなと感じた場合は、ストレス性の脱毛症になっている可能性があります。

犬のストレスの主な原因は運動不足やスキンシップ不足などの欲求不満が考えられます。

飼い主さんが忙しくてあまり愛犬にかまってあげられなくなっていると、犬は愛情不足のストレスを感じるようになりますので注意しましょう。

 

アレルギーが抜け毛の原因のことも

アレルギーには食物アレルギーと環境アレルギーがありますが、どちらも皮膚に痒みを発生させて抜け毛の原因になります。

抜け落ちた毛を掃除しないでほったらかしておくと、ダニやノミが発生してそれが皮膚についてアレルギーの原因になることがあります。

アレルギーは次第に皮膚炎を起こすようになりますので、普段から身の回りの環境を衛生的に整えておくことが大事です。

 

スポンサーリンク

 

ラブラドールの抜け毛のお掃除対策

ラブラドールは抜け毛がひどいのが特徴です。

そこは観念して毎日のお掃除を頑張りましょう。

掃除するのがなるべく簡単になるように、ダイソンのような吸引力が強く簡単に持ち運べるコードレス掃除機を用意するのがいいでしょう。

抜け毛が気になったらいつでもすぐにお掃除ができるためあるととても便利です。

ラブラドールの硬い毛はカーペットに刺さってなかなか掃除機でも吸い取れないことがあります。

フローリングやジョイントマットなどを使えば毛が刺さることもなくなるのでお掃除が楽になるでしょう。

普段忙しくてお掃除している時間も惜しいという方には、ルンバなどのお掃除ロボットの導入を検討してみるといいと思います。

ソファーや椅子のしたなどの面倒なところもお掃除ロボットなら潜り込んで勝手にお掃除してくれます。

 

掃除機の匂い対策

掃除機に犬の匂いが染み付いて排気が臭くなることがありませんか?

対策として中に溜まったゴミはお掃除ごとに毎回捨てるようにしましょう。

放置しておくと雑菌が沸いてますます臭くなります。

臭いが媚びりついてしまった時には、ダストボックスを水洗いして良く乾燥させます。

水気が残ったままセットしてしまうとまた臭いの原因になってしまうのでしっかりと乾いてからセットするようにしましょう。

それでも臭いが気になるときは、「洗濯用の粉洗剤」または「重曹」を床にまいて掃除機で吸わせるようにすると消臭効果があって排気が臭わなくなります。

 

抜け毛対策用の服

お家の中にいるときに、あまりに抜け毛が気になって仕方ないという方は、ラブラドールに抜け毛防止用の服を着せるという方法があります。

服を着るのを嫌がって噛んでしまう子もいるので馴れさせるまでには少々時間がかかる場合もあります。

犬の体に合ったものや動きやすいものを選んであげるといいでしょう。

服を着せることで抜け毛が飛び散るのを最小限に抑えることができるためお掃除がだいぶ楽になります。

 

 

ラブラドールの普段のお手入れ

ブラッシング

抜け毛を減らす一番の対策はやはり毎日のブラッシングでしょう。

抜け毛を完全になくすことはできないので、抜け落ちる前に処理をするというのがお部屋をきれいに保つ一番の方法となります。

またブラッシングには犬にとってもさまざまな良い効果があります。

まずはからだにとってマッサージ効果があるため血流がよくなり健康に良いことです。

そしてブラッシングをすることで、飼い主との良いスキンシップになることも大きなメリットです。

愛犬の体をいたわって毎日触れてあげることで、からだの異変やトラブルにもいち早く気づいてあげられるようになります。

換毛期は特に毛が抜け落ちるようになりますが、古くなった毛が落ちずに皮膚にくっついたままの場合があります。

死んでいらなくなった毛がいつまでも皮膚にくっついたままでいると、そこに菌が発生して皮膚炎を起こす原因となってしまいます。

そのため、ブラッシングは特に換毛期に毎日やってあげるといいでしょう。

 

ブラッシングの方法

まずは全体の毛を逆立てるようにブラッシングします。

あまり強く押し当てると皮膚に傷が付くのでソフトに行うようにしましょう。

手、足、尾、顔など全ての毛が逆立ったら今度は毛並みの方向にとかしていきます。

最後に硬く絞った濡れタオルでからだ全体を拭いてあげると汚れも取れて清潔になります。

安くてよく取れるおすすめブラシはこちら

 

シャンプー

シャンプー剤は犬用のもの使ってください。

人間用は犬には合わないものがあります。

なるべく自然由来のものを使ってあげると体にもいいでしょう。

シャンプー剤はじかに付けずに一度手のひらで泡立ててから付けるようにします。

洗い方はとにかく優しくソフトに洗ってあげましょう。

シャンプー前にブラッシングをしておくとより効果的です。

尻尾の方から洗っていき、最後に顔付近にきてシャンプーが目や耳に入らないように注意しましょう。

シャワーのお湯はぬるま湯で流すようにします。

シャンプー剤が残らないようにしっかりと流しましょう。

濡れた体をタオルで拭きあげます。

ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

熱くしすぎて火傷をしないように注意してください。

生乾きは臭いや皮膚トラブルの原因になりますので、しっかり乾かすことがポイントです。

シャンプーの頻度は月に1~2回が目安です。

洗いすぎも皮膚にはよくありません。

換毛の時期は特にシャンプーをしてあげることで、からだに残った毛も洗い流せて皮膚トラブルを防ぎ、お部屋に抜け毛が落ちることも最小限に少なくすることができます。

コメント