ラブラドールレトリバーの下痢・嘔吐・血便などの原因は食事にある?

ラブラドールが下痢・嘔吐・血便などの消化器系トラブルで悩んでいる飼い主さんはいませんか?

これらのどの症状においても、食事管理が大事であり、食事による根本からの改善がより大切なことになります。

消化器のトラブルは重篤な病気に繋がる恐れがあるため、早めに解決しておくべきことです。

消化器トラブルを抱え食欲が落ちているような場合に、今回は最適なドッグフードをご紹介します。

 

犬心 消化器ケア ドッグフード

犬心 消化器ケア」は食事療法食であり、10年以上にわたり専門家チームで研究して作られた病気管理用のドッグフードです。

わずか2週間~1ヶ月間で「腸内善玉菌」が増え、「腸内細菌&便質」が改善されます。

 

・奈良女子大学
・関東学院大学
・兵庫県立大学
・同志社大学
・東京農業大学

の5大学の連携、獣医師、栄養学の専門家の監修のもとに誕生しました。

リピート率が95%以上で、犬の4000頭以上が継続しているという「ナチュラル療法食」です。

 

犬心 消化器ケアのこだわり

★「ナチュラル療法食」とは、「自然原料」を使い、フレッシュな自然を生かす製法にこだわっています。

★安心できる「国内生産」で、人でも食べられることは当たり前。

★「食いつきの良さ」にもこだわり続けて研究を重ねました。

★もちろん栄養には最大限にこだわっています。

臨床栄養5つの特徴

その1. 犬に合ったタイプの食物繊維の配合比率を研究し最適化
その2. 新鮮な生肉・生魚・ココナッツなどのたんぱく質・脂肪源を厳選
その3. 犬の腸から採った「3種の善玉菌」+腸まで生きて届く「有胞子乳酸菌」を高配合
その4. 企業ヒミツの善玉菌アップの成分を高配合
その5. 下痢・嘔吐による脱水対策にミネラルバランスを最適化

 

犬の消化器トラブルに潜む危険性

ラブラドールの下痢・嘔吐・血便の症状には恐ろしい病気が潜んでいます。

消化器トラブルの主な症状

下痢・嘔吐・血便・吐血・食欲不振・消化不良・脂肪便・異常なゲップ・異常なおなら

消化器トラブルに潜む主な病気

胃腸炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃捻転・膵炎・小腸内細菌過敏症・大腸炎・過敏性腸症候群・炎症性腸疾患(IBD)

これら病気を放っておくと命に関わる危険があります。

 

ラブラドールの下痢・嘔吐・血便などの原因は食事にある?

犬が消化器系のトラブルになるのは「4つの食事悪因」が主な原因です。

4つの食事悪因

その1. 犬に合わない食物繊維を与え続けていると、腸に大きな負担がかかる
その2. 質の悪いたんぱく質・脂肪は消化に悪く胃腸に負担をかけ、悪玉菌を増やして、腸内環境を悪化させる
その3. 悪い食生活により腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌優位な腸内環境になる
その4. 慢性的に嘔吐・下痢をして水分やミネラル、特にナトリウム・クロール・カリウムが不足している

これら消化器トラブルの悪因は「市販のドッグフード」では全く対応することができません。

また、病院で流通している「大手海外メーカーの療法食」なども安全性や食いつきには問題があるといわれています。

さらにこれらすべてを改善するための「手作り食」を考えるのも非常に困難だといえるでしょう。

 

消化器トラブルをケアする食事療法

「犬心 消化器ケア」は「4つの食事悪因」に対応しています。

人も食べられる、今までになかった「犬のナチュラル療法食」になります。

現在、「初回限定の方」に「食いつきチェック用」として「サンプル200g」を「送料無料」でお届け中です!

事前に愛犬の食いつきを確認できるので、無駄な買い物をしなくて済みますね!

 

「犬心 消化器ケア」 詳しくはこちら

ドッグフード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすためにできること

コメント