ラブラドールや大型犬にモグワンをおすすめする理由は

ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすうえで、大事なことのひとつに毎日の食事があります。

やはり人間も犬も同じで、健康への基本は食事と運動ではないでしょうか。

1日2回の食事が基本となっているため、これを十何年も毎日続けていくのですから、からだを作っている栄養であったり、からだに良くない成分だったりなにかと気になりますよね。

数限りなくあるドッグフードの中でも「モグワン」は大型犬の寿命を考えたうえでは、非常に適している商品だといえます。

なぜモグワンが大型犬におすすめなのかをお伝えしていきます。

 

モグワンが大型犬におすすめな理由

ドッグフードを毎日変えるという方はいないと思います。

フードを頻繁に変えることは犬の体調にも悪影響を及ぼすことになるため、決めたものを与え続けることになります。

毎日与えるドッグフードにどれだけこだわっていますか?

今回おすすめする「モグワン」はとにかく材料にとことんこだわって作られています。

ヒューマングレード

「ヒューマングレード」というのは人間が食べられる水準で作られているということです。

どういうことかというと、市販されているドッグフードは価格も安いものが多いのですが、人間が食べられる基準にはなっていません。

つまり人間が食べても安全という基準を満たした材料を使っていないということです。

お肉でいうと、「4Dミート」というものが使用されています。

4Dミートは死んだ動物や病気の動物、障害のある動物などの肉を加工しています。

こういった肉は非常に安く仕入れることができるため、材料費を格安にすることができます。

市販のドッグフードが安く売られている理由は材料費がまったく違うためです。

グレインフリー

「グレインフリー」というのは材料に穀物を一切使用していないということです。

なぜ「グレインフリー」が良いのかというと、穀物は犬にとっては消化しづらいためです。

穀物を採ることで胃に負担が掛かりすぎて体調を崩したり、ストレスになったりします。

犬の腸は人間の腸と比べて短いために、穀物を消化するようには出来ていないのです。

犬は人と同じ雑食といわれていますが、もともとは肉食動物です。

これは歯の形状を見れば分かることですが、穀物をすり潰すようにはできておらず、肉を食べるようにできています。

人間と共に生活をしてきたために雑食になっているだけです。

市販のドッグフードには穀物が大量に使われています。

穀物は材料費も非常に安く、フードの量をかさ増しするにはうってつけなため、多くのドッグフードで使用されることになります。

現在、専門家の見解では犬に穀物は必要ないものとして挙げられています。

また、穀物はアレルギーを誘発させることが非常に多く、ラブラドールは皮膚病に悩まされている飼い主が多いのも、こういった穀物が原因になっていることが考えられます。

アレルギーは一度始まるとなかなか治りにくく、血が出てもからだ中を掻きむしるため皮膚がどんどんボロボロになってしまいます。

薬で治すことはできないので、アレルギーを引き起こしているアレルゲンをもとから絶つしかありません。

しかし、アレルゲンの特定は非常に困難なため、アレルゲンになりそうなものは全て排除していくことになります。

良質なたんぱく質

「モグワン」に含まれる動物性たんぱく質は全体の50%以上になります。

材料の半分以上が肉で出来ていますので、大型犬のような大きな体を作るうえで欠かせない栄養素となります。

そしてたんぱく質として使われているのは良質な「チキン」と「サーモン」

高たんぱくでありながらも、カロリーを抑えられる材料となっています。

原材料の表記は使用割合が多い順に記載されています。

安い市販のフードは植物性たんぱく質の割合が多く、たんぱく質含有量が低くなりがちです。

品質の良いドッグフードを選ぶ基準として、良質な肉や魚が原材料の先頭に記載されているかどうかをチェックすることで判断することができます。

グルコサミン・コンドロイチン

大型犬は体重が重い分、関節に関わる疾患になりやすいといわれています。

ラブラドールは遺伝的に股関節に障害を持っていることが多いため、全体の半数が股関節形成不全にかかっているということもいわれています。

股関節に疾患が出始めると痛みを伴うようになるため、歩き方がおかしくなったり散歩することを嫌がるようになります。

散歩が出来なくなるとストレスが溜まり、運動量も減り健康に悪いため充分に気を付けなくてはなりません。

グルコサミン・コンドロイチンは丈夫な関節を作るうえで大事な栄養源になるため、ラブラドールには欠かせない成分となります。

低カロリー

ラブラドールが病気になりやすい原因には肥満が挙げられます。

肥満からくる心臓や関節への負担が病気を引き起こします。

そのため大型犬は体重管理が大事で、生涯健康で過ごすためには肥満にならないように気をつけなくてはいけません。

食欲旺盛なラブラドールは与えた分だけ食べてしまうので、低カロリーのフードを選ぶことが肥満対策になります。

モグワンは高品質なフードの中でもカロリーが低いので安心です。

人工添加物不使用

モグワンは100%完全無添加ではありませんが、からだに悪い人工の添加物は一切使用していません

ドライフードは加熱処理をする段階である程度の栄養成分が壊れてしまうため、からだに必要なビタミン・ミネラルといった栄養素は添加されています。

このビタミン・ミネラルは安全な成分なので問題ありません。

人工添加物はアレルギーを誘発するものや発がん性のあるものが多く、健康にこだわるのであれば、人工添加物を使用していないフードを選ぶ必要があります。

危険なため外国ではすでに使用を禁止している保存料・着色料・酸化防止剤があります。

日本の安全基準は低いため、これら添加物を市販のドッグフードで使用しているものがあります。

添加物は非常にコストが安いため安価なドッグフードほどこのような危険なものが含まれています。

湿疹や涙やけは人工添加物を多くとることの弊害です。

年を取ってから癌でなくなる犬が多くなったのも、人工添加物が要因として考えられています。

モグワンは保存料・着色料・酸化防止剤は一切使用していません。

 

モグワンの原材料と成分とカロリー


原材料名

 

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、D、E)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌


成分

粗タンパク質 28.0%
脂質 12.0%
粗灰分 8.0%
粗繊維 3.0%
水分 8.0%
オメガ6脂肪酸 1.63%
オメガ3脂肪酸 1.29%


エネルギー

(100gあたり)約344kcal


 

まとめ

モグワンは手作りご飯を食べさせたいという願いから、2年の歳月を駆使して開発されたフードです。

製造工場は、国際規格SAI GLOBALの「ランクA」を取得しており、衛生管理や品質の安全を保障しています。

また袋に記載されている製造番号から原材料の仕入先と日時が分かるようになってるため安心できます。

ラブラドールに生涯健康で長生きして欲しい飼い主さんには、「モグワン」がおすすめです。

市販のドッグフードと比較すれば価格は高くなりますが、高品質な原材料のみを使って健康のために作られたドッグフードなので当然です。

病気になって病院に通うことになれば、結局は後々大きな費用がかかってしまいます。

普段から良いものを与えて、病気にならない体を目指すほうが愛犬も飼い主も安心ではないでしょうか。

モグワン公式サイト

ドッグフード
スポンサーリンク
blacklabをフォローする
スポンサーリンク
ラブラドールレトリバーの寿命を伸ばすためにできること

コメント