ラブラドールの散歩のしつけ方!引っ張る犬はどうしたらいい?

ラブラドールレトリバーの引っ張る力ってものすごく強いですよね。

散歩中はいつも引っ張られてしまい、はたから見たら飼い主と犬どっちが散歩されてるのか分からないなんてことも。

あまりに言うことを聞かないから散歩に連れていくのが苦痛になっていませんか?

いつもおとなしく連れている飼い主を見るとうらやましくなって、どうしてうちの子は言うことを聞いてくれないのかと思っていませんか?

今回は散歩中のしつけと犬の引っ張り癖の直し方についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

犬が散歩中に引っ張る理由とは

小型犬であれば、散歩中に引っ張られても飼い主が引きずられるようなことはありません。抱っこも出来るし、それほど問題にはならないと思います。

しかし、相手が大型犬ともなると、引く力は相当なものになるため、大人でも油断をすれば引き倒されてしまいます。

そんな状態で毎日散歩をしていたのでは、体力が持ちませんよね?

どうして犬はリードを引っ張ってしまうのでしょうか。

自分勝手な行動を許しているから

その理由の多くは、ラブラドールが好き勝手に進みたい方に行こうと自分優位な行動に出ているからなのです。

この行動に毎度従ってしまっていれば、ラブラドールにとってそれが当たり前の習慣になり、飼い主のいうことなんかまるで聞かなくなります。

ラブラドールは散歩中に色々な好奇心にそそられて行動します。

匂い嗅ぎも欲求を満たすものだし、何か関心のあるものが目に飛び込んでくれば、そちらに行こうとします。

本能の赴くままに自由に行きたい方へ行こうとするのは犬にとって自然なことです。

しかし、散歩中は飼い主が主体で自分勝手な行動をさせないようにするのがしつけとなります。

リード張りすぎてない?

また、他に挙げられる理由として、飼い主自身がリードを引っ張りすぎているということも考えらえます。

引っ張られないように引っ張られないようにと、リードを常に短めにピンと張った状態にしていませんか?

そんな状態でいると、犬は反射的に反対方向に引こうとしてしまいます。

人間でも腕を引っ張られたら反射的に倒れないように反対方向に引っ張りますよね?

犬もこのような状態になっている可能性があります。

常に引っ張られたままでは、首輪も苦しくなるし、犬はそこから逃れようとさらに引っ張てしまうようになります。

運動量足りてる?

そして、もうひとつの理由として、毎日の散歩や運動量が足りていなかったり、ストレスが溜まっていることも考えられます。

やはり欲求不満の状態で外に出されれば、水を得た魚状態になってしまいます。

毎日十分な運動量がとれていて犬が満足をしていれば行動にも落ち着きが見えてきます。

もう十分満足というくらい歩かせたり走らせてあげられていますか?

 

犬の散歩で引っ張るのをやめさせるには

まずは、散歩中は飼い主が主体で歩くようにしなくてはいけません。

犬の行きたい方向には行かないということで覚えさせていきます。

どういうことかというと、犬が引っ張って進もうとしたときには絶対に進まないことです。

自分の意志では散歩が出来ないということを教えこませなくてはいけません。

①犬が勝手に進もうとしたら止まる

②飼い主が歩いたら犬が歩く

③犬が引っ張ったら止まる

④反対方向に向かって歩く

⑤犬が引っ張ったら止まる

⑥反対方向に歩く

⑦分かれ道で犬が進もうとした方向には行かない

⑧進行方向は必ず飼い主が決める

このようにして、犬にはリードを引っ張ったら先には進めないと覚えさせることです。

繰り返し繰り返し何度もトレーニングすることで習慣として身についていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

ラブラドールレトリバーの散歩のしつけ

まずリードは常にたるんだ状態にしておきます。

引っ張り癖のある犬の場合、首輪は「チェーン」のものを使うことでしつけがしやすくなります。

あごのすぐ下に首輪を装着します。あごのすぐ下以外は効果が半減します。

普段はチェーンがたるんだ状態ですが、犬が引っ張ることで首輪が締まるようになります。

犬にとって首が締まるのは不快なため大型犬のトレーニングにはうってつけです。

歩く位置はいつも同じで

次に歩かせる位置を決めます。

ラブラドールを歩かせるときには自分の左側を歩かせるのがいいでしょう。

歩く位置をここと決めたなら、常に散歩中はその場所で歩かせることです。

飼い主の右に行ったり左に行ったりさせないように注意しましょう。

玄関を出る前にマテ

玄関を出る瞬間からしつけは始まっています。

引っ張り癖のある犬は我先へと飼い主を差し置いて外に出ようとしますが、ここは必ず「マテ」をさせて、安全確認をしてから、飼い主が先に外に出るようにします。

急に飛び出したりすれば、車や歩行者との接触事故を起こす危険性もあります。

危険なものに近づけない

外には犬にとって色々な誘惑があります。

匂い嗅ぎやマーキング、他の生き物への関心などです。

臭い嗅ぎ、マーキングで草むらに突っ込んでしまないようしましょう。

草むらにはノミやマダニが潜んでいます。

他の犬の排泄物には細菌や病原体が潜んでいることも考えられます。

危険なものには近づかせないようにすることです。

また落ちているものを拾い食いしてしまうことがあります。

中には有害なものもありますので、拾い食いをしそうになったら、すぐにリードを引いてやめさせます。

食べなかった代わりにおやつなどを与えるようにしましょう。

「落ちているものは食べてはいけない」その代わりに「おやつがもらえる」というように教えていきます。

散歩はコミュニケーション

散歩中に上手に歩けていたら、褒めておやつをあげたりするといいでしょう。

ラブラドールとアイコンタクトできるくらい飼い主に関心を持たせられたらいいですよね。

散歩はいつも決まった時間に、1日30分以上を最低2回は行くようにしましょう。

ちょうど良い疲労感が出るくらいたくさん歩かせてあげることで愛犬も喜びます。

散歩から帰ったら、ブラッシングや拭きとりでお手入れしてあげるといいでしょう。

外から害虫を持ち込まないことも大事です。

良い信頼関係を作るためにも、散歩中のしつけをコミュニケーションとして活用しましょう。

コメント